仕込んだ味噌の手入れ方法

かもす
そろそろ暑くなってカビが生えはすくなってる時期!みその状態をチェックしてみよう!
まめこ
・・・・!!!!カビが生えちゃってる!

手作りで味噌を作っているときにどうしても気になるのが「カビ」。防腐剤を入れないで長い間、熟成させるのでどうしてもこの時期はカビが生えてしまいます。カビの部分が広がる前にはやめに手入れをしておきましょう!

まめこ
カビのところを取ればちゃんと食べられるんだね!

 

手入れ方法

①カビの部分をスプーンなどでとりのぞく

②容器のフチをアルコール度数の高い酒などをつけたキッチンペーパーでふきとる

③表面を空気とふれあわないようにラップで密閉する
★唐辛子を置いておくとカビ予防と虫よけにもなるのでオススメです

④重しをのせる
※ビニール袋に水を入れた重しが破れてしまったというトラブルがありました(;_;)
そこで500mlのペットボトル2本で容器にちょうど良かったのでこちらの方法を試してみて下さい!

※ビニール袋が破れて水びたしになってしまった味噌は出来る限り水を捨てて、米こうじをカップ1杯分くらい補充してあげてみて下さい